うつ病患者との接し方で重要なポイントとは

カウンセリング

適切に処方薬を服用する

男性

最近患者の数が増えているといううつ病。誰にでも発症する可能性がある病気です。しかし、適切な治療を受けることで症状は改善されますし、決して怖い病気ではありません。うつ病患者は特別でもなく、周囲にたくさんいるはずです。うつ病が重症化すると、仕事を休職して治療に専念する必要もありますが、軽度であれば普通の日常生活を送っている患者も大勢います。そんなうつ病患者への接し方としては、まずは病気に対しての偏見をもたずに、正しい接し方をしていきましょう。そのためにはうつ病に対しての正しい情報を得ることが重要です。勝手なイメージで病気や患者を判断せずに、知識を覚えていくようにしたいものです。

うつ病の種類は多岐に及びますが、大別すると2種類に分れらます。大うつ病と、双極性障害です。大うつ病は、うつの症状が続くもので、一般的なうつ病とは、この大うつ病を指します。一方、双極性障害とは、うつと躁の両方の症状があらわれる病気です。うつと、躁を繰り返していくので、自覚しにくく、また治療も大うつ病とは異なってくるので、注意が必要となります。ほかには、新型うつ病や、仮面うつ病、季節性うつ病など、症状によってさまざまな病名があります。うつ病患者は、それぞれの症状によって病名も異なるので、治療法や接し方も分類しにくいのです。まったく異なることもあれば、似ていることもあるので、一人一人の症状を見極めて、正しく治療を始めることが重要です。

種類によって異なるうつ病ですが、治療方法としては、処方薬を服用することが一般的といえるでしょう。SSRIや、SNRTなど、多くの種類が存在します。適切な薬の種類と、量と守って服用を続けることが必要になります。症状が改善されてきたからといって、勝手な判断で減薬することは厳禁です。体調がいいからといって、医師に相談もせずに断薬してしまう患者もいます。そのような患者への接し方は特に注意が必要です。医師の指示を守っていくように促してください。

Copyright © 2017 うつ病患者との接し方で重要なポイントとは All Rights Reserved.