うつ病患者との接し方で重要なポイントとは

カウンセリング

正しく接することが大切

ドクター

これまで親しかった友達や恋人など、大好きな人がうつ病になってしまったら、本人はもちろんですが、周囲の人も辛いはずです。うつ病に対する正しい知識を知って、これまでとは違うような接し方を学んでいく必要があります。うつ病の人には、ストレスが大敵となります。できるだけ、患者にストレスを与えない正しい接し方をしていきましょう。

まず、身近な人がうつ病になった場合は、頭ではわかっても、心はまだ理解が追いついていないことがあります。そのため、つい今までの感覚で、励ましたり、アドバイスをしてしまったりするのです。もちろん悪気なく、心からの気持ちを伝えているだけなので、本来であれば、問題ない行為です。しかし、うつ病患者の接し方としては、問題だといえる行動になります。いくら心からの励ましであっても、患者にはそうした言葉はかけないようにしてください。特にうつ病に関する無責任な発言は避けましょう。患者自身も自分の努力で治せるものならば、とっくに完治しているでしょう。精神論などはもってのほかです。とにかく患者への発言は極力控えて、ただ一緒の時間を過ごす、話を聞いてあげるといった受け身の姿勢の接し方になるように、心がけるべきです。

また、うつ病患者は、まだ本人も病気に自覚していない段階があります。ただ、本人はわかっていなくても、周囲の人間は意外に先に気づくものです。小さな変化に気づいたら、見過ごさないようにして、本人にクリニック受診を勧めてあげるようにしましょう。患者は自身がうつ病とは認めたくないケースも多いですが、場合によっては、一緒にクリニックを探して付き添ってあげるなど、念のためにチェックしてみようと、誘ってあげると本人も行きやすいはずです。受診はできるだけ早い方がいいので、迷っているのであれば、まずは受診する流れを作ってあげましょう。

Copyright © 2017 うつ病患者との接し方で重要なポイントとは All Rights Reserved.