うつ病患者との接し方で重要なポイントとは

カウンセリング

患者へのサポートは

女の人

生きづらい世の中と感じる人は、多いでしょう。便利な物が溢れている社会ですが、反比例するように、うつ病や心の病にかかってしまう患者は増えています。そんなうつ病患者たちとは、どのような接し方をして、どんなサポートをしていけばよいのでしょうか。少しでも力になりたいと考えている人は多いはずです。家族や友人、親戚などまわりを見渡せば、うつ病で苦しんでいる患者が一人はいるような時代です。患者の正しい接し方と、サポートの方法を知って、活用していきましょう。

まずうつ病患者にとっては、心から休息できる場所が必要になります。安心して過ごしてもらえるような環境づくりをすることが適切だといえます。さりげない優しさで構わないので、できるだけうつ病患者を刺激しないようにリラックスできる配慮をしていきます。それは患者を質問攻めにしたり、攻撃したりしないという精神的なフォローも大きく含まれます。身も心も落ち着けるように、清潔でシンプルな部屋を用意して、ゆっくりと休んでもらいましょう。

うつ病患者が話をしたそうにしていれば、もちろん話を聞いてあげることも大切です。忙しいかもしれませんが、動作を止めて患者に寄り添うかたちの接し方を心がけてください。もちろん患者の意見に同調できなくても、否定はせずに、理解を示すような態度を見せてあげましょう。話を聞いてくれるだけでも、患者にとっては効果的に感じる接し方になることが多いです。

また間違った接し方としてよくあるのが、患者を気分転換させようと、外へ連れ出すことです。旅行に行けば病気もよくなるかもと勘違いする人が多いですが、患者にとっては負担が大きくなるだけです。通常の心理状態とは違うということをまずは理解しなくてはいけません。

Copyright © 2017 うつ病患者との接し方で重要なポイントとは All Rights Reserved.