うつ病患者との接し方で重要なポイントとは

カウンセリング

睡眠障害を抱える患者

ウーマン

うつ病になると、睡眠に問題が出てくることが多いです。睡眠時間をコントロールできずに、よりうつの症状が悪化してしまいます。そんなうつ病患者への接し方では、注意すべきポイントがあります。それは、患者の辛い症状を理解して、できるだけ余計なストレスを与えないように配慮した接し方をすることです。うつ病が原因で眠れない、または過剰に寝てしまうなど、睡眠に関するトラブルは、一般の人でも想像しやすい辛い症状だといえます。眠いのに眠れないといったことは、誰でも過度なストレスになるでしょう。不眠症とうつの睡眠障害はもちろん異なりますが、眠れない辛さを想像すれば、自ずと患者への接し方へのヒントになるといえます。うるさい音をたてたり、話しかけたりすることはできるだけ避けた方がいいでしょう。コミュニケーションを過度にとるのは、考えものですが、しかし何もしないこともときに危険です。睡眠障害が深刻化していくと、場合によっては自殺願望を引き起こして、行動に起こすことがあります。そのため、患者をそっと見守る姿勢は必要になります。四六時中監視するようなことはできなくても、ドアの前で気配を感じるとか、気にしてあげるだけでもかなり違うといえます。また、患者が夜中に目が覚めてパニックのような症状を起こしたとしても、それが病気だと理解して責めたりすることはやめましょう。家族であれば、とても辛いですが、家族だからこそ怒りの矛先が向けられるということが現実としてあるのです。うつの症状は薬で改善することができますが、睡眠障害は薬で快方にいかないことも多いものです。気長に辛抱強く患者を支えるような接し方をしていくことが求められるはずです。

睡眠に関して悩むうつ病患者が身の回りいる人にとっては、接し方に気をつけながらサポートしていく必要があります。しかし、それは並大抵のことではありません。共倒れにならないように、サポートの輪を広げていくことも肝心です。行政機関や民間業者など、さまざまなサポート体制を活用していきましょう。

Copyright © 2017 うつ病患者との接し方で重要なポイントとは All Rights Reserved.