うつ病患者との接し方で重要なポイントとは

カウンセリング

病気との向き合い方

頭を抱える人

遺伝的な原因が指摘されるうつ病ですが、決して遺伝だけの問題で発症する病気ではありません。病気を発症するのは、さまざまな原因が複雑に影響しあっていると考えられています。そのなかには、環境が大きな要素として関係しているようです。職場や学校、家庭など、本来であれば居場所となるような環境が本人にとって強いストレスであれば、うつ病を発症しやすくなるのです。また、本人の性格的な要素も大きな理由としていえるでしょう。我慢しやすい人や、自分で問題を抱え込むタイプの人は、用心しておいた方がいいかもしれません。社交的で誰にでも分け隔てない接し方ができる器用なタイプであれば、一見うつ病とは縁がなさそうです。しかし、そんな人でも、突然うつ病で休職するということは世の中でザラにあります。つまり、一人一人の状況は、周囲の人間は決して理解できないのです。本人ですら自覚できていないことも多いです。定期的にカウンセリングや診察に通ったり、ストレスチェックや、うつ病診断などを利用する習慣をつけておいてもよいでしょう。病気を予防する対策としては、常に自分の生活やストレス、心境の変化に敏感になっておくことが肝心です。周囲に最近様子がおかしいと感じる人がいたら、速やかに声をかけてクリニック受診などを促すことも有効です。病気に対しての接し方としては、自分だけが患者になるかもしれないということでなく、周りにも可能性があることを忘れないようにすれば安心です。また患者との適切な接し方を知ることも大切になるといえるでしょう。接し方を間違えると、症状悪化に繋がります。職場などで負担が大きそうなスタッフがいたら、仕事の分担を見直すなど、積極的に環境改善を努めるようにすることも大切です。日頃から自分も含めみんなが病気にならないような環境づくりを意識するのです。

Copyright © 2017 うつ病患者との接し方で重要なポイントとは All Rights Reserved.