うつ病患者との接し方で重要なポイントとは

周囲の接し方で変わるうつ病の症状

新型うつと被害妄想

女医

大切な家族や恋人、友人がうつ病を患ってしまった場合は、どのような接し方が求められるのでしょうか。特に、最近患者が増えている新型うつ病や、うつ病の被害妄想に苦しんでいる患者に対しての接し方に、悩みを抱えている人は多いはずです。まず、新型うつ病患者の接し方について考察していきましょう。

新型うつ病の大きな特徴として、他人を攻撃する傾向がある点が挙げられます。今までのうつ患者には見られないようなパターンなので、病気としても気がつかれにくいことが問題視されています。一般的なうつ病患者は他人に対してはあまり接触したがらず、内にひきこもっていますが、新型うつ病患者は、家族や知らない人を含めてバッシングしたり、外へと感情を出すので接し方にも余計困ります。適応障害のような兆候もあり、医師であっても診断が難しいケースもあるようです。そのため、異変を感じたらすぐに専門クリニックの医師や、相談窓口に問い合わせてみることをおすすめします。素人で判断できないことがほとんどですので、いつもよりも攻撃的な状況が続くようなことがあれば、新型うつ病を疑って相談してみましょう。患者本人に対しての接し方は、相手を非難したり、否定することはやめて、話を聞いて頷いてあげるだけでも効果がある場合があります。

では、うつ病患者の被害妄想については、どのような接し方をしていけばよいのでしょうか。被害妄想は、統合失調症の症状でもあり、もしかしたら、うつではなく統合失調症の可能性もあることを視野に入れましょう。いずれにせよ治療の方法も異なってくるので、医師に正しく診断してもらうことが肝心です。また、接し方としては、患者を否定するのはご法度になります。できるだけ患者を不安にさせないことがポイントになります。相手を否定すれば、患者は余計に態度を強固なものにさせ、被害妄想が大きくなってしまう可能性があります。しかし、決して同意する必要はありません。患者の言葉をオウム返しするなど、相手の言葉を理解しているということをアピールするようにしてあげてください。

睡眠障害を抱える患者

睡眠に問題をもつうつ病患者とは、どんな接し方が求められるでしょうか。眠れない辛さは、健常者にとっても想像しやすい症状になるので、比較的接し方も理解はしやすいです。しかしそれでも負担は大きいので、さまざまなサポートを借りるようにしましょう。

正しく接することが大切

親しい人がうつ病になると、ついつい以前のような感覚で接してしまうものです。しかし、患者にとっては大きな負担になることがあるので、正しい接し方を心がけて、ストレスを与えないようにしましょう。

適切に処方薬を服用する

治療にかかせない処方薬は、医師の指示を守ることが肝心です。うつ病患者の中には、自己判断で減薬や断薬してしまうケースがありますが、そのような場合は医師の指示を守るように毅然とした接し方が求められます。

病気との向き合い方

遺伝や環境、性格などさまざまな要因からうつ病は発症するといわれています。病気予防のためにも、ストレスチェックや環境改善を行ったり、また、身の回りの患者との正しい接し方を身に付けていくことも大切です。

患者へのサポートは

よく、うつ病者への接し方やサポートを誤解している人がいます。励ましたり、旅行に連れて行ったり、患者にとっては逆効果の行為を行なうケースがあります。適切な態度で寄り添うことが重要です。

Copyright © 2017 うつ病患者との接し方で重要なポイントとは All Rights Reserved.